2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

さあいよいよ今度の21日、日曜日に開催されるミュージックラインVol.6!
どうです、今回も本当に素晴らしいいろんなジャンルの人達が集まってくれます!
そんないくつもの一流ライブを一枚のチケットで各会場自由に出入りできてしまう贅沢なイベント。
下のタイムスケジュールを参考にいろんな会場を覗いてみてはいかがでしょうか。
ただし会場によっては混雑も予想されますのでご注意ください。
お得な前売りチケット(¥2500)は前日まで販売しております。
それでは後数日、我々スタッフも楽しみでワクワクしております。
皆様会場でお会いしましょう!LOVE&PEACE!!


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『井上堯之』 at Dandelion  〜 転がり続けてルート66 〜

■井上堯之(vo.gt)  http://www.inouetakayuki.com/



やった!あの井上堯之が千住にやってくる。
日本のロックの歴史はまだ50年にも満たない。
その歴史と共に歩み続け、未だに前進し続ける、日本ロック史の最重要人物。
62年「田辺昭知とザ・スパイダース」にボーカルとギターで参加。当初その日本人離れしたロックギターは業界内で話題となった。
解散後、沢田研二や萩原健一らと結成したPYG(ピッグ)を経て「井上堯之バンド」を結成。沢田研二のバッキングを中心にテレビ、映画、舞台、ミュージカルの音楽を多数手がける。     
「火宅の人」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞、「愚か者」の作曲で日本レコード大賞を受賞する。
ソロライブ、オーケストラとの共演、海外JAZZ CLUBでのライブなど今だ貪欲に活動を続け、昨年、今年と新作CDを発表し続けている!映画「カーテンコール」出演で、全国映連賞男優賞も受賞する。
そして御歳66歳となる07年は「ルート66」と題し、全国66カ所のソロツアーを敢行中。
個人的にも子供の頃から憧れ続けてきた人、いぶし銀のギターはもちろん、その歌声に心震わせない人はいないだろう。
今回ソロとはいえ何部かの構成でいろんなバリエーションのアプローチをしてくれるらしい。
日本で本当のロックギターを最初期に奏でた、歴史を作り続けてきた人の今、その”本物”をぜひ身近で体験してもらいたい!
「音楽」それはそれを生み出す人の生き方そのものなのかもしれない。

           

   
    最新シングル「いのちの花」
   Love Rhythm2007-2008(北京パラリンピックへの道)応援ソング!







ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『竹内直&峰厚介カルテット』 at Birdland  〜 音魂"おとだま" 〜
               
■ 竹内直(ts.fl) http://www.geocities.jp/ts_nao/
■ 峰厚介(ts.ss)http://www.aomori-net.ne.jp/~yamagen/mine/top.htm
■ 荒巻茂生(b) http://www.airplanelabel.com/aramaki/
■ 本田珠也(dr)http://www10.ocn.ne.jp/~mondo/



前回Vol.5に引き続き登板の竹内直(ts.fl)。
バンド自体もそうだったがエネルギッシュでタイトなその演奏は大好評だった。
そして今回参加してくれるユニットは重鎮、峰厚介(ts.ss)との強力タッグ。
峰は1970年代1980年代に日本の音楽シーンを一世風靡したフュージョンバンド、ネイティブサンで(故)本田竹広氏と双頭コンビを組んでいた実力派テナーマン。
ソロでも93年のリーダーアルバム「Major to Minor」はこの年のジャズディスク大賞の日本ジャズ賞を受賞している。
そのサックスは30年以上の歳月を経ても留まるところを知らず、益々増殖し続けている。味わい深く叙情的で有るばかりではなく、よりパワフルになっているのだ!
さてこの夢の共演を支えるバックは大西順子の片腕として活躍してきた繊細かつスケールの大きいベースマン荒巻茂生とドラムにはなんと(故)本田竹広氏の一粒種、その卓抜したドラミングには若手ながら定評がある本田珠也が務める。
時代、世代を超えた夢のそして因縁の組み合わせ、人生は美しい、きっとそんな至福の時間を味わえるはずだ。
さあ熱き血潮のぶつかり合いを、あなたも体感して下さい!!

 
 ネイティブサンの大ヒットアルバム


峰厚介、最新アルバム、渋谷毅p、林栄一asという布陣!
            
                 竹内直「ノスタルジア」
                             
            荒巻茂生の最新はライブ
                                  
              本田珠也、ロック魂溢れる最新アルバム
                             
                             


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『BONZ 』  at CRAWFISH  〜 本物のロックはこんな所にあった 〜
            
http://home8.highway.ne.jp/takao/index1.html
■ 山本圭右 (gt&vo)
■ 山本耕右 (b)
■ 向山テツ (dr)
■ 千葉ジュンジ (key)

                 
      

”今回特別なライブ”これが一番に当てはまるのはこのBONZなのかもしれない。
何しろ6年前から全くの活動休止状態。
それをCRAWFISHのマスター、ジェイクの熱意によりこのミュージックライン千住の為だけに集結するのだ!
それだけこのバンドが素晴らしいということ、その本物の”ROCK BAND”を皆に体験させたいということなのだ。
自分もわずかだがそのライブに接した事がある。
その時のビートルズナンバーのなんと素晴らしかったことか!
60年代、70年代のロックが持ってたワクワクする感覚、そんなライブ見たいと思わないかい?

このバンドは向山テツ(Dr)、山本圭右(Vo.G)、山本耕右(B)の3人が92年9月「矢沢永吉シークレットギグ」のサポートを経て結成。
97年より千葉ジュンジ(key)を迎え、99年1stアルバムを制作、各方面から高い評価を得た。
ギターの山本圭右は「日本で5本の指に入る存在感のあるギタリスト」と山下達郎に認められ、その脳みそと直結で音が噴出してくるギターは必聴。
そしてCoccoのバックでも活躍した向山テツのドラミングはロックそのものである。
しかし何より凄いのはこのバンドの一体感。
メンバー全員が名うてのセッションマンではあるが生粋のバンドマンなのだ。
もう体験してもらうしかない特別のライブ、また新しい伝説がここに生まれる!

      
     山本兄弟がやってた「PIPER」、レコード持ってます。
     素敵なジャケットはあのタモリによるもの!!




ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『アチャカナ』  at  COSMIC SOUL  〜謳うリズム〜

■ 吉見征樹 (tabla)   http://sound.jp/tablin/ 
■ 平松加奈 (violin) http://www.spanishconnection.jp/profile/kana/index.html


    
リズム楽器なのに浮遊感とメロディアスな音色が入り混じったタブラと、メロディー楽器なのにエネルギッシュなリズムが炸裂するジプシーヴァイオリンが淫靡に絡み炸裂する!
ジャンル、国境を超えたその独特のオリジナリティーは会場にいる者たちをきっと”どこか”へといざなうだろう。

                          
タブラの吉見征樹はインドでのタブラ修行以降あらゆるジャンルのアーティストとの共演、ミュージカル、ファッションショー、演劇、映像などの音楽を手掛け、国内外を問わず精力的にセッションを続けている。
ヴァイオリンの平松加奈は4才よりヴァイオリンを始め、相愛大学音楽学部卒業後、豊かな音色と個性的な即興を身上としたジプシースタイルの演奏で数々の音楽シーンで活躍。
2000年、前回ミュージックライン出演のフラメンコギター伊藤芳輝とタブラ吉見征樹と共にスパニッシュ・コネクションを結成、数枚のアルバムを発表、TV-CMやテレビ番組曲も数多く手がける。
真骨頂のライブも全国規模で展開。それに海外での演奏活動も活発で、パリのフェットデラミュージックに出演、パリの聴衆を唸らせ、カンヌ国際音楽見本市にも出演した。

今回二人だけのユニットだからこそできる、個性のガチンコ対決とそこから生まれる思い切り自由で宇宙の時空を彷徨うような音のしぶきをどうか心ゆくまで浴びてください!
             


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『岡安芳明トリオ+三木俊雄』 at コバガーデン 〜Peaceful easy feeling〜
                       
■ 岡安芳明(gt) http://www.yoshiakiokayasu.com/
■ 香川裕史(b)
■ 高橋幹夫(dr)
【ゲスト】三木俊雄(ts) http://123.4pu.com/mikitoshi/

            
                        
岡安芳明(gt)は数多くのセッションやライブを通し、常にハートウォームなサウンドとブルージィーなスウィング感をもっとうにして来た。
すでに9枚のリーダーアルバムを発表し、今や日本を代表するジャズギタリストとして、益々円熟味を増している。
現在は自己のレギュラートリオの他、「東京名曲堂」等で都内をはじめ全国のライブスポットで活躍中。
その熱く、そして洗練されたブルース・フィーリングはケニーバレルの正しき継承者とも言われている。
その彼を中心に、繊細且つ大胆なベースが定評の香川裕史と、粋で小気味よいドラムが身上の高橋幹夫というレギュラートリオに加え、今回は「フロントページオーケストラ」のリーダーで、アレンジャーとしてもテナーサックス奏者としても第一級の三木俊雄を迎える。
                           
三木俊雄は他にも小曽根真率いる『No Name Horses』のメンバーとして06年ニューヨークで行われたIAJEでのコンサート、およびブルーノート全国ツアーにも参加する一方、佐山雅弘クロニクルバンドのコンサートマスターも務めている。
2006,7年度スイング・ジャーナル誌人気投票において、テナーサックス部門第3位、コンポーザ−・アレンジャー部門第5位、('06) 第8位('07)ビッグバンド部門においてフロントページ・オーケストラが第6位を獲得している。
そのフロントページ・オーケストラのCD評をご紹介しよう。
 "日本のジャズが根底から変わり始めていたのが、とうとうこう言う理想の形で音となって現れたんだって思った瞬間、とても幸せな気持ちになれた。" 小曽根 真

今回このなんとも贅沢な組み合わせで、ハッピーでアーシーなワンナイトセッションが繰り広げられるだろう。是非ご期待下さい、ピース!

        
        最新アルバム「ノーリグレッツ」


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

『藤縄てつや』 at 虎や 〜My Blues Heaven〜

■ 藤縄てつや(vo,gt)
 http://homepage1.nifty.com/tetu-chan/

       

ブルース、フォーク、オールドジャズをベースにした懐深い音楽性、オリジナル楽曲の良さに加え、驚異的なテクニックでアコースティックギター、リゾネーターギター、時にはウオッシュボードもこなす。そしてすでに芸人ともいえる絶妙なステージ運びは、根っからのエンターテイナー!もう鬼に金棒、目からうろこ、向かう所敵なし状態!そんな”なにわのてっちゃん”が満を持してのミュージックライン初登場です!
我らにも馴染み深いなぎら健壱のCD「下町のこころ」に参加し、ツアーにも参加。
他にも大塚まさじ、中川イサトなど大御所ミュージシャンと多数競演しているところからもいかに実力者かがうかがい知れるだろう。
抱腹絶倒な曲から哀愁と懐かしさすら感じるバラードまで、一人バラエティーショー。
ここが大阪だろうが東京だろうがパリだろうが、そんなのカンケーねぇ。
そう「下町」イズ世界共通語!そんなペーソス溢れるライブがここ千住に繰り広げられるぞ!
あ〜町の様子は変わっても人の心はいつまでもお。
        
        最新アルバム「My Blues Heaven」
        ライナーノーツは大塚まさじ&中川五郎!


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.6 2007.10.21

10月21日(日)開催Vol.6出演者の方々です!
詳細はホームページに近日中アップいたしますのでぜひチェックしてください!!
前売りチケットも15日(土)発売開始!(各会場、販売店及びネットより)
当日¥2800のところが¥2500とお得です。

〔バードランド〕 (ジャズ)

竹内直 http://www.geocities.jp/ts_nao/
峰厚介 http://www.aomori-net.ne.jp/~yamagen/mine/top.htm
荒巻茂生 http://www.airplanelabel.com/aramaki/
本田珠也 http://www10.ocn.ne.jp/~mondo/ 

〔クローフィッシュ〕 (ロック)

BONZ http://home8.highway.ne.jp/takao/index1.html
 山本圭右 (gt&vo)
 山本耕右 (b)
 向山テツ (dr) http://www.h3.dion.ne.jp/~tetsu131/
 千葉ジュンジ (key)

〔コズミックソウル〕 (民族音楽)

吉見征樹(tabla) http://sound.jp/tablin/ 
平松加奈(violin) http://www.spanishconnection.jp/profile/kana/index.html       

〔ダンデライオン〕 (ロック)

井上堯之(vo,gt) http://www.inouetakayuki.com/ 
 

〔コバガーデン〕 (ジャズ)

岡安芳明(gt)トリオ +三木俊雄(ts)
  
岡安芳明(gt) http://www.yoshiakiokayasu.com/
香川裕史(b)
高橋幹夫(dr)
三木俊雄(ts) http://123.4pu.com/mikitoshi/


〔虎や〕 (ブルース&フォーク)

“なにわのてつ”藤縄てつや(vo,gt)
   http://homepage1.nifty.com/tetu-chan/