2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

さあいよいよ今週の土、日曜に開催されるミュージックライン千住Vol.7!
2日間とも怖いぐらいの充実振り!
各ジャンルのマイスターとも言うべきベテラン勢から、今後を担っていく人たち。
何と絶妙なバランスでしょう!
個人的にも待ちに待った人たちがこんなに参加してくれるとは?!
これほどさまざまなジャンルの一流が集まるイベントはそんじょそこらにはございません!
しかも一枚の安いチケットで行き来できるなんて。。。
とにかくどの会場もはずれなし!「はしごライブ」の醍醐味をぜひ味わってみてください!!
それではあと数日、我々スタッフも楽しみでワクワクしております。
皆様会場でお会いしましょう!LOVE&PEACE!!
※ご注意
12日コズミックソウルの「おおたか静流+程農化」は会場も狭く、混雑が予想されます。
定員をオーバーした場合、その会場は入場規制をすることもございますのでご注意ください。
ただ他の会場もありますし、お客様が入れ変わる可能性もあります。
どの会場も素晴らしい人たちが出演しておりますので、どうかイベント自体を楽しんでください。入場はどこも先着順です。

           


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土)  『Hit That Jive』 at Dandelion

■ 井上大地(vo,gt)
■ 幸池マミ(vo)
■ 安田将人(t.sax)
■ 吉田靖雄(b)
■ 平澤篤人(ds)
http://www.k3.dion.ne.jp/~daichi-g/

久しく現れなかったブルース界待望のニューカマー、井上大地。
多岐に渡る活躍は吾妻光良氏の後継者とも?
その彼が率いる”Hit That Jive”は色々な音楽性を吸収しながらもブルースが元来持つファンキーさ、ポジティブさを自分達の物とし、切なさも感じるオリジナルは新しい世界。
勢い溢れるそのバンドサウンド、お洒落で野蛮なグルーブ、今こそ見ておけブルースの未来!

          


13日(日)  『田中一郎』 at Dandelion
ゲスト 黒葛原りつ

■ 田中一郎(vo,gt) http://tokyo.cool.ne.jp/ichiro_16/
■ ジェームス市川(b) http://blog.jamesichikawa.com/
■ 西川貴博(ds) http://sound.jp/tn_revelation/

■ 黒葛原りつ(vo,g) http://members3.jcom.home.ne.jp/le2/

ロック界で言わずと知れた田中一郎、満を持してのダンデライオン登場です!
ARB、甲斐バンドをはじめ、プロデューサー、コンポーザー、果てはご意見番として古くから日本ロック界で渋く重要な位置で活躍してきた。
しかしなんと言っても永遠のギターボーイ!それが一番正しい呼び方かも。
その最高なカッティングはまさしくROCK!
元ストリートスライダースのジェームス市川、白井貴子等のバンドなどで知られる西川貴博を従えたトリオでの演奏はきっとタイトで激しいものになるだろう。
そしてゲストに紅一点、新進ロックボーカリスト”黒葛原りつ”が急遽決定!ライブに彩を添える。
弾き語りもいいぞ!

                           


                 


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土) 『ううじん&佐藤克彦』 at KovaGarden

■ ううじん(vo,gt) http://www.uujin.com/
■ 佐藤克彦(gt) http://sato-ke.net/katz.html

そこに居る人たちが思わず微笑んでしまう心地よい空間。
いつも自然な佇まいで”ううじん”は身の回りの些細なことや感じたことを軽やかに紡ぎだす。
それはシンプルだからこそ大切なメッセージなのだ。
UAを思いっきり優しくしたような?その歌声は業界仲間でもファンは多くCMにも使われていた。
すでに”ううじんワールド”を持っている、これからがなんとも楽しみな逸材。
そして今回このイベントの為特別にアコースティックギターの名手”佐藤克彦”との出演となった。
会場の雰囲気もまさにピッタリ!心地よい空間でぜひ極上のアコースティックサウンドに酔いしれてもらいたい。

          

13日(日) 『酒井俊グループ』 at KovaGarden

■ 酒井俊(vo) http://www.sol.dti.ne.jp/~s-shun/
■ 高木潤一(gt) http://takagi.fc2web.com/
■ 太田恵資(vln) http://violin-ohta.cside.com/index-j.html
■ 坂本弘道(cello) http://home.catv.ne.jp/dd/piromiti/

70年代の衝撃的なデビュー以来、多方面に渡る活躍をしてきた酒井俊。
ジャズのスタンダードだけでなく日本の童謡から歌謡曲、ロック、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、コロンビア等そのテイストとジャンルの幅はあまりにも広く、そして深く暖かい。
彼女のライブステージはそれらが渾然一体となり怒濤のように押し寄せてくるのだ。
いつも留まる所を知らない多彩なアプローチに挑戦し続ける姿はまさに真のコンテンポラリーヴォーカリスト!
さて今回のライブはヴァイオリンの太田恵資、セロの坂本弘道、ギターの高木潤一という何ともアグレッシブで贅沢な布陣。
これは最高に熱く深いステージが繰り広げられるだろう!


                            
             
                 


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土)  『鬼頭つぐる』 at 虎や

■ 鬼頭つぐる(vo,gt) http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Circuit/2610/kitoh1/kitoh-m.htm

さあ、来ました、ソウルフルな弾き語りでその存在感が圧倒的な鬼頭つぐる!
オーディエンスとの直接的なふれあいを大切に、そのライブの一体感は極上だ。
音楽に真摯に向き合ってきたからこそ出せる音がそこにはある。
まあとにかく硬いこと抜きにぜひ楽しんでもらいたいぜ!
すべてはBe all right!
今回は特別に後半から他会場出演の名手「佐藤克彦」の飛び入りもあり!
出演者も”はしご”な賑やかなライブになりそう!?
最高な歌でみんなハッピーになろ〜!

        
             最新アルバム「I SING MY SOUL」


13日(日)  『獨協OBオールスターズ』 at 虎や

■ 五十嵐友洋(gt) http://tiopepe.blog10.fc2.com/
■ 堀江洋賀(gt) http://tiopepe.blog10.fc2.com/ 
■ 田山ひろみ(vo) http://www.geocities.jp/tayama_hiromi/ 
■ 金坂侑亮(tp) 

恒例、店主ゆかりの獨協大関係のフレッシュな人たちで色んな形のジャズを聞かせてくれます!
今回はジャズ研OBを中心にギターインスト、歌物、そして管楽器とほとんどノンストップでバラエティー豊かに賑やかに。
みんなでJAZZを楽しみましょう!


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土)  at COSMICSOUL

■ おおたか静流(vo)http://www.songbirds.ne.jp/sizzle/
■ 程 農化(二胡)http://cheng-erhu.com/tei/

出ました、本当にいいんでしょうか?!あの”おおたか静流”がコズミックにやってくるのだ!
声を自在に操り、ジャンルや時流さえも軽く飛び越え浮遊する。
いつも色んなスタイルで表現し、我々を魅了してきた彼女、今回は中国の伝統楽器「二胡」とのコラボ、素晴らしい空間になるのはもう間違いない!
会場ではこの日の為に音響システムを整え、準備万端。
音の波動は会場全員の魂を揺さぶることだろう。
そしてマスター・コウヂは泣いている、、、間違いない。


テイチク時代のベストアルバム
                        


13日(日)  at COSMICSOUL

■ 尾引浩志(倍音S)http://www.vions.jp/
■ 山川冬樹 http://fuyuki.org/
■ エキチャラガ

謎だ、とにかく謎だ。
倍音唱法ホーメイもわからなければイギルもわからない。
しかも電子機器なども用いるらしい?!
彼らは海外でも人気が高く、フジロックにも参加したらしい。
ん〜いったいどんな世界が広がるんだろう?
初めて味わう世界、もっともコズミックらしい独特な空間を味わって欲しい。
ゲストのエキチャラガは女性中心のホーメイグループ。
むむ、やっぱり謎だ〜!

                 




ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土)  at CRAWFISH

■ 西慎嗣(vo,gt)http://www.shinji-nishi.com/
■ 藤倉嗣久(gt,vo)http://red.ap.teacup.com/hyelucks/
■ MECKEN(b)
■ 嶋田吉隆(ds) http://ameblo.jp/yoshi-shimada/

あのチャーやボ・ディドリーのバンドでも活躍してる嶋田吉隆率いるこのバンドはロックの輝いてた時代の臭いを目の当たりにしてくれる。
かつての名ブラスロックバンド「スペクトラム」でも有名な西慎嗣、その後もインターナショナルに活動しているが、そのいぶし銀なプレイは個人的にも待ち焦がれていたもの。
そして対を成すもう一人のギター、ボーカルは千住でもお馴染み、スライドギターの若きマイスター藤倉嗣久!
そのバンドの屋台骨は名うてのセッションマンMECKEN。
あのかつて聞いてきた数々のライブレコードで味わえた、そんなロックバンドの高揚した時のあの絶品な一体感、ぜひ皆に味わってもらいたい!

     
                      

13日(日) 『The FUTURES』 at CRAWFISH

■ 播東和彦(vo) http://www.love-land.net/bando/
■ 松下誠(g)
■ 中野靖之(g,vo)
■ MAC清水(per)
■ 伊藤広規(b)
■ 青山 純(ds) http://www.cinco.co.jp/aojuntop.html

うお〜何というメンバー!山下達郎、チャーなど数々のバンドで日本のロックを作り上げてきた職人達がこのイベントの為に集結する!
なかなか他では見られない組み合わせが素晴らしい瞬間を生み出すだこと間違いなし。
何も説明不要な物凄いメンバーを引っ張るのがニューオーリンズスタイルが定評な播東和彦。
ソウルフルな歌もさることながらバンドをどう高揚させていくか楽しみなところ。
いったいどんなバンドサウンドになるのか予測不能な、とにかく体験したいの一言だ!

          
           播東和彦、25周年記念アルバム


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12(sat)〜13(sun)

12日(土) 『Risk Factor』  at Birdland

■ 太田朱美(fl) http://www.geocities.jp/akemi_flute/
■ 織原良次(b)http://orioriori.exblog.jp/
■ 石田 衛(pf)http://jml.web.infoseek.co.jp/ishida/
■ 橋本 学(ds)http://dmen76.nomaki.jp/

フルートの太田朱美を中心に、若さ溢れるジャズメンの個性がぶつかり合う危険因子4人組。
太田朱美のパワフルな演奏はベテラン達をも唸らせ多くの有名ミュージシャンとも共演を果たしていて、精力的に他ジャンルとのコラボも行っている。
フレットレスベースの織原はブラジル音楽にも活動の場を求め、景色を作り上げていくその音は多彩。
石田衛は自身のトリオでも活躍中、橋本学もアマチュア時代から数々の賞に輝く実力派。
どんなスリリングな演奏になるか当日が本当に楽しみだ!




                
                 石田衛トリオのアルバム「lemanro」


13日(日) 『月の鳥デュオ』   at Birdland

■ 渋谷毅(pf)http://www.rinsen.co.jp/html/shibuya/sby_map.html
■ 石渡明廣(g) http://www.rinsen.co.jp/html/shibuya/carco_mh.html

ゲスト
■ 外山 明(ds)http://home9.highway.ne.jp/maro/sotoyama.htm
■ 林 栄一(as)http://www.eonet.ne.jp/~n-east/

いよいよあの渋谷毅がやってくる!
70年代から活躍し、歌謡曲の大ヒット曲も手がけるなど、ジャズに留まらない幅広い活動で活躍してきた。
ジャズ界の宝石と言われても本人は飄々と最近やっとピアノが弾けるようになってきたと言ってのける。
どんなひどいピアノでも最高の音を引き出してしまうと、あるミュージシャンが言っていた。
そんな渋谷毅が今回はエキセントリックなギターで定評の石渡明廣との「月の鳥Duo」で登場!
しかも超強力ゲスト、外山明、林栄一が加わる鉄壁の布陣。
大胆かつ繊細な日本のジャズの底力をここ千住、バードランドで思い切り味わえるなんて!?
はっきり言って贅沢過ぎます!!

      
      アルバム「月の鳥Duo」

      
       去年出た渋谷毅ソロは2枚組み


こちらがタイムテーブルです。
ちょっと見えにくいですがホームページでも確認できますのでよろしくお願いします。


ミュージックライン千住HP  http://musicline-senju.net/ 


Musicline-senjyu Vol.7 2008.4.12〜13

いよいよ来月4月12日(土)13日(日)開催です!
前売りも好評発売中、お早めにお買い求めください。
それではその豪華出演陣をご紹介しましょう!!

MLS Vol.7 出演者

〔バードランド〕
・12日:「Risk Factor」
太田朱美(fl)折原良次(b)石田 衛(pf)橋本 学(ds)
・13日:「月の鳥デュオ」
  渋谷毅(pf)石渡明廣(g) ゲスト:外山 明(ds) 林 栄一(as)

〔クローフィッシュ〕
・12日:西慎嗣(vo,gt)藤倉嗣久(gt,vo) MECKEN(b) 嶋田吉隆(ds) 
・13日:「THE FUTURES」
播東和彦(vo)松下誠(g) 中野靖之(g,,vo)MAC清水(per) 伊藤広規(b)
青山 純(ds)

〔コズミックソウル〕
 ・12日:おおたか静流(vo)+程 農化(二胡)
 ・13日:尾引浩志(倍音S)+山川冬樹+エキチャラガ  

〔ダンデライオン〕
 ・12日:「Hit That Jive!」
井上大地(vo,g)幸池マミ(vo)安田将人(t.sax)吉田靖雄(b)平澤篤人(ds)
 ・13日:「田中一郎バンド」
      田中一郎(vo,g)ジェームス市川(b)西川貴博(ds)

〔虎や〕
 ・12日:鬼頭つぐる(vo,gt)
 ・13日:「獨協OBオールスターズ」
五十嵐 友洋 (gt)堀江 洋賀 (gt)田山 ひろみ (vo)金坂侑亮(tp)

〔コバガーデン〕
・12日:ううじん(vo,gt)&佐藤克彦 (gt)
・13日:「酒井 俊グループ」
酒井 俊(vo)太田恵資(vln)坂本弘道(cello)高木潤一(g)